読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たべたらねむる

淡々と立ち直りたい

案の定のD28

その後、普通に体温が下がっています本当にありがとうございました超恥ずかしい!

学んだ事:hcgの残留期間はその時々で違う。検査薬は検査当日に買うべし。

まあ、今もまだ正産期が夫の繁忙期に掛かるしな…(という強制終了)。旅行であか牛やら阿蘇ミルクソフトを満喫しまくった為、明日のリセットが怖い。痛くなる前に鎮痛剤を飲んでおこう。

 

タイミング治療から次のステップも見えて来て、その場合はどこまでやるか、夫と話し合い。2人とも同じ考えだったのですぐ終わったが、寝る前の話題にしては重かったか。

あくまで今の結論であって、今後変化する可能性も十分ある。カップル間の熱量、身体的・金銭的負担、不妊治療と自閉症スペクトラムの因果関係など、意見のぶつかり合いがあるかもしれないけれど、まだ存在していない子供を武器に夫を攻撃する事だけはしませんように。

それにしても、日本の不妊治療件数と成功率が比例しないのは何なのでしょうな。

広告を非表示にする

前のめりにD20

検査薬でうっすら陽性が出た。週末の飲み会前日に試験しようと思っていたが、あると使っちゃう病。この2日ほど暑くて夜中目覚めるので、そわそわはしていた。接種6日目だが、以前5日目で完全なる陰性だった為に期待してしまう。こんな事なら2本入りを買えば良かった。

しかし全く心が踊らない。クロミッドを使用すれば妊娠は成立する。継続出来るかが問題。このまま産院を訪ねる段階へ移れたら、カウンセラーを紹介して欲しいレベルで頭を過る「不育症」の文字。

 

そしてまたも空気の読める卵なので心配。妊娠検査薬が使える時期まで特に禁酒はしない方針なのだが、連休中は高校の同級生と飲みに行き、とても楽しい時間を過ごす事が出来た。2年振りだったので1軒目はおしゃれカフェに入ったものの、パンケーキよりワイン・生ハムとお互い辛党で2、3件目は完全に飲み屋。さらっと「今はお酒平気なの?じゃあ飲もう」と言ってくれたのが嬉しい。趣味や感覚が近く、引きこもりながら彼女とは連絡を取り続けている。

 

逆に、大学のゼミ仲間でも集まった時の反省点。「(自分は結婚しろしろ言われるけど)子供産めって言われない?」と聞かれてついカッとして「(実家も婚家も)そんな家じゃないよ」と答えてしまった…反省。あとは「友達が今年出産ラッシュで何かと思う。示し合わせてるの?」という話が勝手に刺さる。他の既婚者がぺたんこ靴で勝手に怯える。次は気持ち良く会えますように。

 

このニュース、ちょっと眩暈。

「妊娠米」フリマで大ブーム

出品者にはつける薬がないというのは置いといて、ある種のヒステリーに陥る程に不妊不育は女性を追い詰めると知って欲しい(ヒステリー、古典希語で「子宮」が由来だそうな。女性特有のものと決め付けられていたのか)。「馬鹿だなあ、引っかかって」と言うのは簡単。何故それに縋ってしまうのか、まで考えを巡らせてくれたらと思う。

子宝祈願の御守りと何の違いがあるかと言われる人もいるそうだが、そもそも妊娠菌は非実在なものであって、その効果を謳った時点でアウトなのでは。

 

以下、書き溜め分記録。

どうして今まで気付かなかったのだろう、この存在に!と突如思いつき、ピジョンのおしりナップを購入した。これで内診前も清潔!とD14の卵胞チェックに挑むと、またもやや扁平な21×18mm。身体の変調を意識するようになり、排卵前に痛む下腹部の位置で「今周期は左か」と分かるようになった。今のところ左、右、左と交互。

今回のhcg接種はしみた。打ってくれた看護師さんが過去2回と違う人で、針を刺す瞬間「あっ今までと位置が違う」と思うや否やピリピリと…。指名制にして欲しい。

広告を非表示にする

D8の進捗

・前周期は生理前の腰痛が酷かったが、今回は皆無。

・生理痛も元に戻り、D3まで引きずらない。

・塊状の血もまったくなし。

・計算上の排卵日は予想が当たったので、胃もたれ=排卵済みは信用して良い。

 

やはりというか、今まで砂糖を摂り過ぎていたのだと思う。ウォーキングは高の知れた距離だし、整体で骨盤を直して貰ったのも生理直前に一度だけだし。ありがとうりんごチップス。ありがとうはちみつ飴。不精者なりに生活を見直して、1ヶ月を無事経過した事が喜ばしい。

不精者といえば、ブログを閲覧までも不精で、スターを付けるタイミングを逸していますが、拝読しております…。

 

前述した通り、旅行をするので妊活というか自律神経をどうにかする月間予定だったのが、最近北朝鮮がキナ臭いため大人しく国内に留まる事になり、クロミッドは服用中。嫌な世の中である。当帰芍薬散もおねだりしてみたが、いずれ専門薬局にも相談してみたい。「美人を見たら当帰芍薬散を処方せよ」のポイントに全く当てはまらない。屈強系。

広告を非表示にする

粛々とD26

圧倒的に書く事がないので懺悔する。おやつが美味しい。せめてもの自制に白い砂糖やバター、小麦粉を使わない物を選んでリピートしている。少量のナッツで満足出来そうならナッツ、甘さが欲しい時はりんごチップスムージーを摂り、もう我慢出来ない時はさつまいもん。果糖、ええはい、存じておりますはい。さつまいもんは揚げてあるからな…バナナチップも無性に食べたくなる。

 

チェストツリーのお陰なのか一駅ウォーキングの賜物なのか、高温期の体温陥落がない。良い傾向で嬉しいので、次は高低の移行を1日で完結出来るようにして欲しい。 

 

代々木公園は今年も綺麗でした。

f:id:seah0rse:20170413091323j:image

 

 

広告を非表示にする

中弛みのD16

単独でどこまで行けるか、という話をした事のある人は多いと思う。私の場合、「館」系は問題ない。美術博物館、映画館、水族館。動物園は経験がないが、水族館に比べると多少抵抗がある。暖かく明るい屋外を想定するからか、水槽と比べて鑑賞対象が遠く、自分の世界に籠れないからか。しかし、同じ水族館でもクラゲや魚はぼーっと見ていられるが、海獣は人と見たいかもしれない。表情や仕草をあれこれ話したいという事かもしれない。アデリーペンギンが好きです。

因みにこの季節は、毎年職場近くの桜の下で一度は一人昼食を摂っている(なら屋外が動物園を避ける理由にならないか)。桜の木が並んでいるので、両隣の木にグループがいるとアレな感じになる中、パンにチーズを挟んだだけのフランス的弁当(物は言いよう)を食べる。いつも昼を一緒に食べる面々を誘っても良いが、只々ぼーっとしたいのである。そのまま早退出来れば尚良い。

一人花見が出来ても、一人外食は好まない。お腹が空いたな、このお店美味しそうだな、と思っても、パンを買って帰ったり冷蔵庫の納豆と冷凍ご飯の存在を思い出す。夫が飲み会の日に「お酒飲んじゃお〜」と思っても、いくつか店を思い浮かべつつ最後にはワインを買って帰宅。最近は一人飲みを控えているので、大体果物やオートミールを入れたプレーンヨーグルト(450g)だけ、茹でたブロッコリーだけ、等で終わる。

共に楽しむ相手がいないなら、早くだるだるの部屋着とすっぴん(最近マスクに頼って常時すっぴんだが…)で寛ぎたい。一人焼肉なんて最たるもので、家のフライパンに牛小間をバーッ開けてガーッ焼くので良い。果てはチンしてポン酢で良い。食への執着は強いが、一人となると途端に優先順位が下がるのである。そこで人を誘う選択肢が出て来ない根暗。

 

クロミッドをお休みした機会に、これと併用不可というチェストツリーを購入した。不味い。「不味い!もう一杯!」とは言えない不味さ。仕事中に飲んだら、不味さで気が散って効率が落ちそう。これで黄体機能が少しでも回復するなら、うーん…うん、まあ、うん…薬と思えば…。 低温期に飲むと排卵を妨げる説があるようなので、高温期にはちみつ等を足しながら消費に努めたい。

排卵前のおりものが復活して、卵胞チェック前に「まだ終わってないよな?」とそわそわしなくなり実に快適である。というか予想通りD13にしてまだ卵胞13mmだったので、思わず寿司なんか食べに行ってしまい、日本酒も飲んでやった(D14にランニングをしたのは言うまでもない)。

というわけで、クロミッドは飲んだ方がベターなのだと改めて分かり、自分の身体への理解がクリアになりつつもがっかりしている。よくよく基礎体温記録アプリを見たら、過去クロミッド無処方での卵胞サイズがD12で13mmとメモしてあった。基礎体温が全体的に上がったが、他に体質変化は見られないという事か。ただし、その時は指示に従いのびるおりもの終了後にタイミングを取っていたので、今回は改善の余地あり。自然に任せると18mm前後で排卵している気がする。

 

一駅ウォーキングは、初週も2週目も残業や外食のない限り実行出来ていて順調。やらないよりマシな筈、マシな筈…。

砂糖対策は苦戦している。やはり剥き出しで頂くと厳しい。ケーキは流石に持ち帰れない。そして、坂角のゆかり等しょっぱいおやつは油断しがち。カルテットを観てずっと食べたかった唐揚げも揚げてしまった。レモンを切らしていたのが無念。あとパセリ。

 

夫と旅行計画を立てている。妊娠しなかったら海外と決めているので、今回リセットしたら次周期は完全オフとなる。何もしないのは落ち着かないだろうから、自律神経に集中アプローチを予定。

広告を非表示にする

まだ慌てるようなD6じゃない

f:id:seah0rse:20170321191209j:image

今回の生理痛は通常運行だったのでほっとしている。鎮痛剤にはD3もお世話になったが、しっかり効いてくれた。つまり、今周期からが本当の元通りなのでは…?更に風疹抗体はある、胸の抜糸も済んだ…身体面に何の躊躇いもない妊活が今始まるーー2017春ー。

…と言いつつ、本当は「流産後は妊娠しやすい」という説に期待していたので、落胆を隠す言い訳が欲しいだけである。「ハイハイ分かってたよ〜リセットするのは想定してた全然オッケー」と平静を装う。

榮倉奈々ちゃんは同学年だし、夏に出産とか私も順調に進んでいたら夏予定だったし…だし…。ドラマでは「2020年までに子供産みたいんです!」と切羽詰まってましたね。ははは俺も俺も。

 

という事で、自分の心を落ち着けたいと考え、クロミッドを今周期はお休みした。仕事等でD5までに受診出来なかったので、半分は不可抗力である。また、頸管粘液が副作用で出ないストレスが思いの外強い。服薬なしでは1度しかトライしていないので、以前より知識のある状態で卵の素のポテンシャルというものを確認したく…。きっと育ちは遅かろうな。

夫の繁忙期に出産や新生児のお世話を被せるのが怖い、というのも一因。しばし力を抜いて進もうキャンペーン実施。未熟児、過熟児、思い通りにいくものではないが、余裕のない身分なりに時期も気にしてしまうのであった。

 

逆算すると排卵はhcg注射翌日と推測される為、私の卵胞は元から不細工と結論付ける。不細工で不都合があると困るが、元々28〜33日周期なので、排卵がD13以前に起こる可能性は低いと思っていて良さそう。排卵前におりもの増加があると一番ありがたいのだが。私の場合、排卵のタイミングを掴むにこれが最も正確。それにしても、何に押されて卵胞が歪なのか…もしや内臓脂肪なのでは…。

 

前周期の反省。カフェインはほぼ摂らない。アルコールと外食は週に1回程なので、運動と糖分を標的に対策していきたい。何でも、卵子の質を高めるには3ヶ月前からの影響を考えねばならないと。マジすか…。

 

運動は平日の通勤トータル数十分の徒歩だけ。ランニングは月に2〜4回ぽっち。胸の手術から暫く強い運動は出来ないので、今毎日出来る事といえば朝か夜に一駅歩くしかないが、そうすると夕飯の準備を整える余裕が減る。やらないよりマシ精神で週2目標からスタートしたが、果たして。毎日鍋料理にしたい。

 

次に糖分。料理で使う砂糖を、次回の購入からきび砂糖に切り替える。問題は間食で、普段仕事中はナッツを摘んでいるが、慌ただしくなると頂いた手土産や旅行土産を口に放り込んでしまう。最近業務が落ち着いていたのですっかり余裕ぶっていたが、ストレスがもろに食欲に表れる性質であった。

自席に溜めず、まめに持ち帰れば良いのか…頂いた当日やお中元お歳暮の季節は…個包装でない時はどうすれば…意志薄弱。早速一袋を同僚達で分けたクッキーを摘んでしまったし。100%はちみつ飴を購入してみたが、これをスルーせずにいられるかが課題。

休日には夫とお茶の時間を設けている。お茶請けはケーキだったり、会社から持ち帰った物・頂き物だったり。これは週に1日だし維持したいので、平日にセーブ出来れば元の目論見を達成出来る。スーパーの買い物で菓子を買う習慣はない。よって、在宅時の危険因子は平日食べ過ぎ予防の持ち帰り菓子。えっ詰んでる。

食い気みなぎるD28

お察しの通り、ブログの書き方?凡例?フォーマット?を探っている。書き溜めて週一投稿が定着しそうなのだが、見出しを付ければ内容に統一感がなくともスマートだろうか。スマホアプリで書いてるからな〜ちょっと高等技術は使えないな〜。

 

ライングしたら陰性だった。今回は色々としっくりしない要素があったので、然もありなん。そして、検査薬を予め購入して待機するのはやめようと思う。ダイエットと同じで、あるから消費してしまうのである。ロイズのチョコ掛けポテトチップスを、私は一箱一度に食べきってしまう。あるから消費してしまうのである!

微熱と倦怠感、眠気があるのだが、陰性ならばこれは季節の変わり目に出る自律神経の乱れという可能性が高い。この数年、夏から秋への変わり目に症状が出ていたのが、ついに冬の終わりにまで…絶望としか言いようがない。

ただ、2年程前までは生理前に眠くて眠くて一日中寝ている日というのがあった為、黄体ホルモンが仕事を久し振りに再開したという可能性もなきにしもあらず。やはり流産前に比べて、基礎体温が全体的に上がってもいる。

 

場の妊婦さんが無事産休に入った。彼女の最終出勤日に私が早退してしまったので直接挨拶はしていないが、翌日デスクにメモと沢山のおやつが置いてあった。ハーブティーやらカフェインレスコーヒーを贈ったお礼との事で、ありがたく食す。ありがたく…パクパクと…チョコレートを…。いや、その、忙しくてつい糖分を欲してしまって…リンツのリンドール好きなんすよ…。この日の夕食は、カレーの予定を鰹の刺身にした。春ですね。必殺・付け焼き刃。

 

といえば、菜の花やらホタルイカやら心踊る食材が出回り始める頃。前述の通り自律神経が脆弱だと自分では思っているので、可能な限り旬の食材(=その季節に栄養が豊富な物)を摂るように心掛けている。効果の出る兆しはまだないが、美味しく安いというだけで旬の物には価値がある。

 

段のごはんは土井善晴さんの考えに(都合よく)則っている。

おいしいもののまわり

一汁一菜でよいという提案

日々食べる物は簡単で構わない。ご飯に具沢山の味噌汁と香の物があれば十分である。誰かの為に料理する事は愛する事で、その料理を食べる事は既に愛されている事なのだ。

えっ本当?1日30品目とか意識しなくて良いの?簡単なご飯でも後ろめたくならなくて良いの?と、非常に気持ちが軽くなった。流石に漬け物は常備していないので、「しんどいサボりたい」と思う時は豚汁をメインにしてしまい、副菜も豆腐やらほうれん草やら、ポン酢が何とかしてくれる物で終わらせている。作り置きという考え方がどうも合わない。1週間もつ量と味の濃さの料理を、そう何品も作り置けるかってんだ。

広告を非表示にする