たべたらねむる

淡々と立ち直りたい

やっとのD1

はじめに、sandさんにブログを引用していただいて、とても浮かれています。ありがとうございます。むふふ。

ですよねー!確かに、はてなブログは考察系ブログなども多くて読みごたえもある印象があります。アメブロはデコメ(死語)みたいな絵文字などが使いこなせないと馴染めないような…。

 

流産して初めての生理は量が多く生理痛も重い、とグーグルさんがやたら弾き出すので、恐れおののきながら暮らしていた。しかも高温期終盤には(妊娠期間にもあった事だが)子宮であろう特定の一点が時々ツキツキと痛む。これから毎度生理前はツキツキするのか徐々になくなっていくのか、おいおい勘弁してくれよ…と、気休めの当帰芍薬散を飲んで迎えたやや不安な再スタート。

 

噂通り痛い。いつも1、2日目のみ鎮痛剤を服用していたが、3日目になっても微かに痛い上に服用しても痛みが鎮まらない。ジェネリックだから?ちょっと古いから?

良い事もそれなりに。以前なら低温期に1、2回36.0度を切る事があったが、それがなかった。生理再開までの高温期の長さはしっかり14日、塊状の血も比較的少なく日数も短い。直前の内診で内膜の厚さは十分と言われていたので、そもそもの量が少ないという事ではないようである。上記の事も気になるが、過ぎても毒。都合良く解釈。

クロミッドを貰いに婦人科へ行くと、前回併せて処方されたカバサールが出ず意味もなく嬉しい。

 

どうすれば高温期を心穏やかに過ごせるのであろうか、と沈思。「リセットしたらマッサージに行くぞ!」とホットペッパービューティーにブックマークを付けるのは良いが、その作業はすぐ終わってしまう。

酒も菓子も妊活ロード逆走まっしぐらなので、そこに逃げ込めないのは良い事である。両方大好きなので、無理なく節度ある楽しみ方をしたい。週末だけとか。あ〜浴びるほど飲みたい(本音)。

実際に浴びるほどお世話になっているのは、セレッシャルのハーブティー。レモンジンジャーとベンガルスパイスを常備しているが、フルーツフレーバーは香りが強く手が出せない。因みに、レモンジンガーを「綴り違うけどレモンジンジャーなのかこれは」と誤って購入した事がある。

 

では、食べられないなら買い物すれば良いじゃない。いやタラレバになるが、妊娠しタラ下着は切り替わるし、手洗いする暇も暫くなくなるだろう、と只でさえ高額な物を新調する勇気が出ない。ヒールの靴も妊娠すレバ履かなくなるから、ゴムが擦り切れていても修理に出さず最近は専らスニーカーである。洋服やバッグにしたって、折角気に入った物を買ってもマタニティに移行しタラ最後、数年はヨダレが付いたり引っ張られたりお絵描きされたりすると思うと、購買意欲が後退していく。

そういう理由で最近は不細工が加速していたので、せめて靴はフラットシューズを新しく買おうと思う。レペットとか…トリーバーチとか…か、かかか買っちゃうかもしれないんだからな!

広告を非表示にする