たべたらねむる

淡々と立ち直りたい

まだ慌てるようなD6じゃない

f:id:seah0rse:20170321191209j:image

今回の生理痛は通常運行だったのでほっとしている。鎮痛剤にはD3もお世話になったが、しっかり効いてくれた。つまり、今周期からが本当の元通りなのでは…?更に風疹抗体はある、胸の抜糸も済んだ…身体面に何の躊躇いもない妊活が今始まるーー2017春ー。

…と言いつつ、本当は「流産後は妊娠しやすい」という説に期待していたので、落胆を隠す言い訳が欲しいだけである。「ハイハイ分かってたよ〜リセットするのは想定してた全然オッケー」と平静を装う。

榮倉奈々ちゃんは同学年だし、夏に出産とか私も順調に進んでいたら夏予定だったし…だし…。ドラマでは「2020年までに子供産みたいんです!」と切羽詰まってましたね。ははは俺も俺も。

 

という事で、自分の心を落ち着けたいと考え、クロミッドを今周期はお休みした。仕事等でD5までに受診出来なかったので、半分は不可抗力である。また、頸管粘液が副作用で出ないストレスが思いの外強い。服薬なしでは1度しかトライしていないので、以前より知識のある状態で卵の素のポテンシャルというものを確認したく…。きっと育ちは遅かろうな。

夫の繁忙期に出産や新生児のお世話を被せるのが怖い、というのも一因。しばし力を抜いて進もうキャンペーン実施。未熟児、過熟児、思い通りにいくものではないが、余裕のない身分なりに時期も気にしてしまうのであった。

 

逆算すると排卵はhcg注射翌日と推測される為、私の卵胞は元から不細工と結論付ける。不細工で不都合があると困るが、元々28〜33日周期なので、排卵がD13以前に起こる可能性は低いと思っていて良さそう。排卵前におりもの増加があると一番ありがたいのだが。私の場合、排卵のタイミングを掴むにこれが最も正確。それにしても、何に押されて卵胞が歪なのか…もしや内臓脂肪なのでは…。

 

前周期の反省。カフェインはほぼ摂らない。アルコールと外食は週に1回程なので、運動と糖分を標的に対策していきたい。何でも、卵子の質を高めるには3ヶ月前からの影響を考えねばならないと。マジすか…。

 

運動は平日の通勤トータル数十分の徒歩だけ。ランニングは月に2〜4回ぽっち。胸の手術から暫く強い運動は出来ないので、今毎日出来る事といえば朝か夜に一駅歩くしかないが、そうすると夕飯の準備を整える余裕が減る。やらないよりマシ精神で週2目標からスタートしたが、果たして。毎日鍋料理にしたい。

 

次に糖分。料理で使う砂糖を、次回の購入からきび砂糖に切り替える。問題は間食で、普段仕事中はナッツを摘んでいるが、慌ただしくなると頂いた手土産や旅行土産を口に放り込んでしまう。最近業務が落ち着いていたのですっかり余裕ぶっていたが、ストレスがもろに食欲に表れる性質であった。

自席に溜めず、まめに持ち帰れば良いのか…頂いた当日やお中元お歳暮の季節は…個包装でない時はどうすれば…意志薄弱。早速一袋を同僚達で分けたクッキーを摘んでしまったし。100%はちみつ飴を購入してみたが、これをスルーせずにいられるかが課題。

休日には夫とお茶の時間を設けている。お茶請けはケーキだったり、会社から持ち帰った物・頂き物だったり。これは週に1日だし維持したいので、平日にセーブ出来れば元の目論見を達成出来る。スーパーの買い物で菓子を買う習慣はない。よって、在宅時の危険因子は平日食べ過ぎ予防の持ち帰り菓子。えっ詰んでる。