たべたらねむる

淡々と立ち直りたい

中弛みのD16

単独でどこまで行けるか、という話をした事のある人は多いと思う。私の場合、「館」系は問題ない。美術博物館、映画館、水族館。動物園は経験がないが、水族館に比べると多少抵抗がある。暖かく明るい屋外を想定するからか、水槽と比べて鑑賞対象が遠く、自分の世界に籠れないからか。しかし、同じ水族館でもクラゲや魚はぼーっと見ていられるが、海獣は人と見たいかもしれない。表情や仕草をあれこれ話したいという事かもしれない。アデリーペンギンが好きです。

因みにこの季節は、毎年職場近くの桜の下で一度は一人昼食を摂っている(なら屋外が動物園を避ける理由にならないか)。桜の木が並んでいるので、両隣の木にグループがいるとアレな感じになる中、パンにチーズを挟んだだけのフランス的弁当(物は言いよう)を食べる。いつも昼を一緒に食べる面々を誘っても良いが、只々ぼーっとしたいのである。そのまま早退出来れば尚良い。

一人花見が出来ても、一人外食は好まない。お腹が空いたな、このお店美味しそうだな、と思っても、パンを買って帰ったり冷蔵庫の納豆と冷凍ご飯の存在を思い出す。夫が飲み会の日に「お酒飲んじゃお〜」と思っても、いくつか店を思い浮かべつつ最後にはワインを買って帰宅。最近は一人飲みを控えているので、大体果物やオートミールを入れたプレーンヨーグルト(450g)だけ、茹でたブロッコリーだけ、等で終わる。

共に楽しむ相手がいないなら、早くだるだるの部屋着とすっぴん(最近マスクに頼って常時すっぴんだが…)で寛ぎたい。一人焼肉なんて最たるもので、家のフライパンに牛小間をバーッ開けてガーッ焼くので良い。果てはチンしてポン酢で良い。食への執着は強いが、一人となると途端に優先順位が下がるのである。そこで人を誘う選択肢が出て来ない根暗。

 

クロミッドをお休みした機会に、これと併用不可というチェストツリーを購入した。不味い。「不味い!もう一杯!」とは言えない不味さ。仕事中に飲んだら、不味さで気が散って効率が落ちそう。これで黄体機能が少しでも回復するなら、うーん…うん、まあ、うん…薬と思えば…。 低温期に飲むと排卵を妨げる説があるようなので、高温期にはちみつ等を足しながら消費に努めたい。

排卵前のおりものが復活して、卵胞チェック前に「まだ終わってないよな?」とそわそわしなくなり実に快適である。というか予想通りD13にしてまだ卵胞13mmだったので、思わず寿司なんか食べに行ってしまい、日本酒も飲んでやった(D14にランニングをしたのは言うまでもない)。

というわけで、クロミッドは飲んだ方がベターなのだと改めて分かり、自分の身体への理解がクリアになりつつもがっかりしている。よくよく基礎体温記録アプリを見たら、過去クロミッド無処方での卵胞サイズがD12で13mmとメモしてあった。基礎体温が全体的に上がったが、他に体質変化は見られないという事か。ただし、その時は指示に従いのびるおりもの終了後にタイミングを取っていたので、今回は改善の余地あり。自然に任せると18mm前後で排卵している気がする。

 

一駅ウォーキングは、初週も2週目も残業や外食のない限り実行出来ていて順調。やらないよりマシな筈、マシな筈…。

砂糖対策は苦戦している。やはり剥き出しで頂くと厳しい。ケーキは流石に持ち帰れない。そして、坂角のゆかり等しょっぱいおやつは油断しがち。カルテットを観てずっと食べたかった唐揚げも揚げてしまった。レモンを切らしていたのが無念。あとパセリ。

 

夫と旅行計画を立てている。妊娠しなかったら海外と決めているので、今回リセットしたら次周期は完全オフとなる。何もしないのは落ち着かないだろうから、自律神経に集中アプローチを予定。

広告を非表示にする