たべたらねむる

淡々と立ち直りたい

何だかんだで0m5d

1時間歩いた翌日におしるしが始まり、そのまた翌々日、1時間半歩いた夜の事。

 

いつもベッドに入ってから来る前駆陣痛が、19時半から6〜15分間隔で発生。ついに来たな!と合間に眠りつつ(むしろ気付かない波もありつつ)どこまで待てば入院になるか翌5時に産院へ問合せ。「今はバラつきがあるので、10分以内の間隔でより規則的になるまで様子見を」との事。「一緒にいようか?」と言う夫は繁忙期なので、これで収まってしまったら申し訳ない。気持ちだけ貰う。

出来るだけ睡眠を取りながら12時頃まで過ごす。腰の痛みが気になり始め、ゆたぽんを当てると即6分間隔×5回。産院からOKが出たので陣痛タクシーで向かうと13時半時点で子宮口4cm開大。分娩室でNST中、隣室に入って行く産婦さんの絶叫が聞こえて震えながら夫に入院報告。
15時に居室へおやつが運ばれて来る。吐き気もあったが、昼食を摂っていなかったので長丁場を想定し、呻きながら意地で完食。

段々と深呼吸だけでは耐えられなくなり、先程聞いた絶叫も相まって助産師さんに「今から無痛に切り替えられます?」と相談すると「もう8cm開いてるから、逆に進みが遅くなるかも」と言われる。じゃあやめます!!
夫が到着し「いきみたくなったら呼んでね」と助産師さんが退室するも、内診の刺激か直後の波からもういきみたい。無意識に力が入ってしまい、お尻に手を当ててくれている夫が圧を感じて滅茶苦茶焦っていた。ごめん無理。
夫にコールして貰い、ベッドで翻筋斗打ったぼさぼさ頭のまま分娩室に徒歩移動。スピード勝負。

予兆を察知して深呼吸を始めておくのが難しかったが、破膜と会陰切開を挟み無事出産。助産師さんからは「とても進みが早くて良いお産。ただ次はもっと早いだろうから注意」との評をいただいた。

 

生まれた子はとても可愛い。愛せなかったらどうしよう、イライラをぶつけたらどうしよう、オムツ替えを汚く感じたら…などと思っていたが、普通に可愛い。まだ飛ぶ程の母乳は出ないので、寝てくれないと厳しいが。

 

これをもちまして記録は終了。お読みくださりありがとうございました。